日本を代表する家電メーカーソニーからGoogleの日本支社長を経験した辻野晃一郎氏の話は日本のハイテク起業再生のための多くのヒントを含んでいます。スカイツリーが時代遅れの戦艦大和のように思えるというはっきりした物言いが魅力です。