日本の政府が取ってきた経済政策は受身でしかなかった。今も日銀による受身の政策が続いており、デフレ不況は深刻さをますばかりである。しかし、政府、日銀、経済学者、政治家はこれまでの経済政策を誤ったものとして理解することができず、いつまでも目を覚まそうとはしない。