ヒトラーは何故ユダヤ人を虐殺したのか?(1)

ヒトラーは何故ユダヤ人を虐殺したのか?(1)

hitler

たとえどういう理由があろうとも、人を殺すのは問題外。
ほとんどの日本人はヒトラーをキチガイだとして片付けていることだろう。

もしそのことに異議を唱える者がいるとしたら同じようにキチガイ扱いされ、社会的地位を剥奪されることになる。

しかしヒトラーは決してキチガイではない。むしろその逆だろう。
いくらなんでもキチガイに国の政治を委ねるほどドイツ人は愚かではないのだ。

日本人の常識からすれば人殺しは無条件で悪だが、世界の常識では人殺しが当然の場合もある。なぜなら世界では多民族が同じ大地に暮らし、命がけの生存競争を繰り返してきたからだ。

もし隣の村に見知らぬ人々が暮らし始め、彼らが周りの住民を犠牲にしても自分たちだけの生き残りを図ることを絶対の掟として考え続けるならば彼らとの衝突は避けられない。もしも彼らの神が『他の民族を利用し、利益を貪り、支配し、殺しも構わない』と説くのであれば、その衝突はどちらかの民族が滅びるまで永久に続くことだろう。

ieyasu

日本では平清盛が源氏の子どもたちに情けをかけたばかりに、やがて平家は滅ぼされることになった。

家康はその教訓から学び、大阪夏の陣で豊臣家を根絶やしにし、天下太平を実現した。もしその時、鬼の決断をくだすことなく秀頼の子どもを生かしていたならば、やがては何万人もの血が流されることになっただろう。そのことで家康をキチガイとして片付ける日本人はおそらくいない。

ヒトラーは死の直前『私はユダヤ問題と正面から取り組んだことを誇りに思う』という言葉を残している。彼はユダヤ問題に本気で取り組んだ最後の指導者だったのだ。

それ以降、ユダヤ人虐殺の理由すらまともに検証できない今の世の中ではすでに勝負はついてしまっている。

日本人が世界第三位の経済大国であり、世界最大の債権国家であるにも関わらず、政治や経済を他国にコントロールされ、毎年3万人近い自殺者を出している根本原因がそこにあると言っていいだろう。

極東の島国で単一民族、和の文化を重んじてきた日本。我々は他人を信じることを美徳として考えてきた。しかし、残念ながら世界にはその善良さを徹底的に利用する人々が存在していることを学ばなければならない。ヒトラーをキチガイとみなして思考停止しているようではいけないのだ。


  1. 深読み日本人 より:

    コメントを入力してください。
    ヒットラーとユダヤ人は憎しみの塊で、対抗手段の「非道性は似ている」同じ種族かもしれない。
    「善良な日本人を利用する種族」とヒットラーとどういう関係があるのか?
    まさか、ヒットラーを正当化して、そういう種族を「虐殺してもいい」と
    国民をマインドコントロールしているのではないか?
    もしかしたら、騙された方なのか?
    殺人に「性善説」はない。やられたらやり返す戦争の愚かさは「野蛮人でしかない」
    ヒットラーは正解に出る前に「病人であった」そして、その病院で見た事は「
    おぞましい、「精神病者抹殺」であった。いわゆる戦争前から「ガス室」が
    あったというのだ。これは公営テレビかなんかで放映していた。
    その時代は第二次世界大戦後のアメリカの閉鎖的輸出規制政策などで、アメリカから金が入らなくなったドイツは窮乏のあまり、節税節税で、病院は「精神病者は非生産性だ」として、処分対象にされていたのだ。国が窮乏すると節税のために「国民餓死政策」や、病院では治癒の見込みのない病人を生かしておけなくなるのだろう。精神病者はかっこうの的だったのだ。そして、ヒットラーはうつ病で、強度の恐怖症だったために政界に入った時に「誰も信じることが出来ず、何もしなかったら自分は「また病院に戻される」という恐怖心があったのだ。そこで、自分がトップになって病院を監視する側になるために、「パフォーマンスを研究した」と映像はいっていた。これが、今の政府閣僚が言っていた「ヒットラーに真似ろ」というものだろう。そして、国の窮乏のためにと「侵略戦争を始めた」のである。その中で資金集めにユダヤ人の資産を没収し、逆らうものをとらえ、ガス室で虐殺している。ヒットラーの「ユダヤ人に対抗する」というのは、自分の資金集めを正当化するためのものであった。なぜなら、その頃、アメリカで「オッペンフアイマー」というユダヤ人が「原子爆弾」を作っているのを知って、母親を人質にしても、彼を求めていたからである。しかし、オッペンは、ドイツに返らなかった。それが1945年の3月頃で、ヒットラーは「アメリカで大事にされたユダヤ人が原爆を使ってドイツを爆破しがしてきた「ユダヤ人虐殺と同じ目に合わせるのだ」という
    恐怖心で不眠症になり「うつ病が再発」したのだろう。4月には自殺している。
    自分のしたことが自分に返って来たのだ。
    ヒットラーは「ひたすら自己の内部の恐怖と戦って世界を巻き込んだ精神病者であった」というのが結論である。善良な日本人を利用する輩に気が付かない日本人
    葉「ヒットラーを恐れた方がいいのである。」

  2. あいちゃん より:

    ここを偶然見つけ、日頃からずっと考えていた事のような内容をお二人が対局的に意見を述べられていて、ヒトラー否定派も肯定派も、とても参考になりました。ここで得た両者のご意見から、今自分はこう考えています。

    ヒトラーもドイツ国民もユダヤ人も、つまりキリスト教徒もユダヤ教徒もみんな、己の弱さ(自己正当に対しての懺悔・贖罪が自己矛盾となることの苦しみ)部分から解放されたいが故に必然的に淘汰されて生み出された“神、すなわち宗教”という概念が、今日の世界における複雑、混迷なる様々な災いごとの元凶になっていると解釈するに至りました。人類が己の苦しみからの脱却に、神すなわち宗教の存在が不可決である限り、世界から殺戮と虚しさは永遠に消えないのかも知れませんね。

    ありがとうございました。


この記事のトラックバックURL:

コメントを投稿する




»
«