3号機の核爆発を裏付けるプール映像

3号機の核爆発を裏付けるプール映像

元原子力発電所の技術者ガンダーセン博士のサイトが1週間ぶりに更新となりました。

ガンダーセン博士は3号機の爆発は水素爆発ではなく核爆発だったとする見解を示した方ですが、まだ東電も含め日本の科学者はその事実を認めていないようです(小出助教が最近やっと言及しだしましたが元ネタはガンダーセン博士のコメントによるものです)。

数日前3号機の使用済み核燃料プールの映像が公開され、プール内が多くの瓦礫と高濃度の放射線で満たされていることが明らかになりました(1立方センチ当たり15万ベクレルのセシウム137、1万1000ベクレルのヨウ素131を検出)。

このことから使用済み核燃料の損傷は明らかで、このままプールに給水を続けていけばその高濃度に汚染された大量の水がどんどん地表に流れ出すことになります。

いよいよ東電もこの事実を認めざるをえないのではないかと思ったのですが、彼らの解釈はまったく異なり、『爆発時、高濃度の瓦礫がプールに落ちたためプール内の放射能濃度が高くなった』とわけのわからない説明をしていました(ヨウ素131の半減期は8日なので、2ヶ月前の爆発が原因ならばそのように大量のヨウ素131が見つかるわけがない)。

3号機の映像を見たガンダーセン博士は、やはり自分の推論が正しかったことを証明するものだと語っています。

東電は1号機のメルトダウンを今頃になってしぶしぶ認め出しましたが、彼らの説明は事実に基づかない空想がかなりを占めており迷走が続きそうです。このまま彼らの大本営発表を認めるわけにはいかないのですが。。。。

動画は英語ですが、もう少し聞き取りを進めて興味深い内容があれば追記します。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function ereg() in /home/aquath/xn--ubt711i.jp/public_html/wp-content/themes/keniwp_blue01_3ad/comments.php:36 Stack trace: #0 /home/aquath/xn--ubt711i.jp/public_html/wp-includes/comment-template.php(1554): require() #1 /home/aquath/xn--ubt711i.jp/public_html/wp-content/themes/keniwp_blue01_3ad/single.php(58): comments_template() #2 /home/aquath/xn--ubt711i.jp/public_html/wp-includes/template-loader.php(106): include('/home/aquath/xn...') #3 /home/aquath/xn--ubt711i.jp/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/aquath/xn...') #4 /home/aquath/xn--ubt711i.jp/public_html/index.php(17): require('/home/aquath/xn...') #5 {main} thrown in /home/aquath/xn--ubt711i.jp/public_html/wp-content/themes/keniwp_blue01_3ad/comments.php on line 36