独立こそ我が人生なり (青山繁晴)

独立こそ我が人生なり (青山繁晴)


  1. 青山繁晴さんがとても気に入り、 ロシアとのバレーボールの番組を横に置いて、 コメント入力しています。 u-tubeは一気に視聴しました。 Japan‘s Indepedent Institueの設立主旨は、 私の生き方と全く符合しています。 (1)誰にも気兼ねすることなく、 自分で稼ぐ。 (2)受け入れられるまで、 100回でも辛抱つよく提案しつづける。 (3)最後に潰された。 でも立ち上がる。 (1) ~ (3)までの青山繁晴さんのメッセージは私の心に届きました。 私は東洋医学のプロです。 ですが、 国作りに強烈な情熱を持っています。 また、 具体的な提案を持っています。 既成政党のレベルではありません。 これしか日本の行くべき道はないとまで思っております。 私のメッセージ伝えたくて、 青山繁晴さんのメールアドレスを探しましたが、 見当たりません。 交流を希望します。 よろしくお願いします。

    Thackery(ニュージランドの詩人が私の英詩を読んでつけてくれたペンネーム)

  2. 新太 より:

    青山繁晴さんのメールアドレスですが、同氏が運営なさってる独立総合研究所のホームページにのっているようです。
    青山氏と当ホームページとは直接関係はありません。

  3. 新太さん、 アドバイス有り難うございます。 独立総合研究所のホームページで青山繁晴さんにつながるきっかけとなるであろうアドレスを見つけました。 有り難うございます。 新太さんご自身についても知りたいのですが、 プロフィールはどこへ行けば見ることが出来ますか。 大変興味があります。 また、 少しメッセージを残したいと思います。

    昨夜のロシアとのバレーボールを観戦しての感想。 新太さんも「日本の国作り」に深い思いをお持ちの方と推察します。 そこで、 私からのメッセージとしては、 ヒントが「日本とロシアとのバレーボール」の中にあると思われます。 つまり、 青山繁晴さんにもつながると思いますが、 全身全霊を研ぎ澄まし、 全ての提案に勝つアイデアを生み出すということです。 青山繁晴さんのインタビューの中にもあったように。 何度拒絶されても、 辛抱強く。 また、 お邪魔します。 今後ともよろしくお願い致します。

    Thackery

    • 新太 より:

      Thackeryさん、

      青山さんのメールアドレスがわかって良かったですね。
      青山さんはたしかに情熱的で魅力的な方だと私も思います。
      ぜひよい人間関係を構築してください。

      私自身に関してですが、50代前半の自営業者で、東京在住です。
      ネットを渡り歩き、多くの論客の動画を見ているうちにこれまでの自分の視野の狭さを思い知らされるようになりました。

      最近では特に明治から昭和、戦後にかけての歴史と政府紙幣発行やデフレといった経済問題の研究に没頭しています。

      このサイトはその過程の中で特に勉強になったと思える動画を集めてみました。

      こちらこそどうぞよろしくお願い致します。

      • メッセージの返信遅れすみません。 何度も来ていたのですが、 メッセージの見方に慣れておらず、 見過ごしていました。 私は東洋医学のプロですが、 国作りに殊更強い使命感を持っています。 “森の国”日本に向い進むべきと思っております。 東洋医学的には、 完成の域に達したと思っております。 先日、 「氣の呼吸法」という本に、 図書館で出合いました。 著者・藤平光一氏は、 王貞治氏の一本足打法(フラミンゴ打法)、 長嶋茂雄氏の巨人軍選手強化などなどに貢献された“氣”の専門家です。 この「氣の呼吸法」と私の唱える「東洋医学の極みは“自己治療”」という考え方が一致しております。 歴史的には、 壬申の乱前後の時代に興味を持っております。 理由としては、 中国(隋・唐)、 朝鮮半島(高句麗・百済・新羅)と日本との関係に興味があるからです。 また、 ときどき参ります。 では後程。

        • 新太 より:

          藤平先生の「氣の呼吸法」は私も読ませていただき深い感銘を受けたのを覚えています。

          世の中が西洋的なグローバリズムに偏向しすぎているのはおっしゃるとおりで、医療の世界で言えば人間の本来持つ自然治癒力をもっと引き出すようにしないといけないと思います。

          政治や経済の世界においてもすべて西洋の合理主義に盲従してきたことが大きなツケになって今我々を苦しめているのかもしれません。

          羅針盤を失ってしまった日本人が今後進むべき道をぜひ切り開いてやってください。

          • 私の友人からのメッセージと私の返信ご紹介します。

            第一メッセージ: 『野原一面にさいた花花をみるのは至福ですよ。』

            ● それに対する私の返信メッセージ:
            『日本の歩むべき道は、 ”森の国”日本と思います。 TPPを逆手に取って、 自給自足の方向に舵を取って欲しいですね。』

            第二メッセージ: 『一度、映画の「ガンジー」の映画を観てください。
            そこには貴殿のいう、 自給自足をベースに彼の目指した理想の生活がありました。 行き過ぎた貨幣経済や自然から切り離された物質主義こそ、 人間の心を根底から蝕むものと信じていたからです。 彼の目指した自然の豊かさと人間本来が生まれながらにして持つ本源的な優れた徳を取り戻すのが、 彼の目指した理想卿でした。 その村は共同体であると同時に、 一種の会社でもあり、 また学校でもあり、 大きな家族でもありました。 彼はその村ではリーダーであり、 教師でもあり、 経営者でもありました。
            地球の危機、 文明の崩壊が叫ばれる今、 私たちの手で、 地球上、 唯一一ヶ所でも良いから、 そんな理想卿が出来れば、 人類にとってきっと、 希望の村に変わることでしょう。
            よろしければこの映画ご覧になったらいかがでしょうか?
            あなたを幸せに導く、 新たなご縁に巡り会えるかもしれませんよ。』

            ● それに対する私の返信メッセージ:
            ツタヤからDVDを借りて来て、 3時間以上に亘る長時間、 休みなしで視聴しました。 カンジーに対し、 非暴力平和主義者などという浅い知識は持っていましたが、 映画を通し、 カンジーに関し深く知ることができたように思います。 そして、 今の日本国のリーダー達の言動の浅さに呆れると同時に、 歴史上の偉大な人物に学んで欲しいと思いました。 また、 教育の大切さに痛感しました。 資質を持たない人は国を導くリーダーにはなれないというチェックシステムが重要と思います。 現在、 国の運営が野放し状態になり、 方向性を全く失い、 安全上も、 国益上も危機に瀕していると思わざる得ません。

            → 「あなたを幸せに導く、 新たなご縁に巡り会えるかもしれませんよ。」 
            巡り会いました。 ガンジーの珠玉の言葉に。

            ●あらゆる執着からの自由とは神を真理として現実化させることである。
            Freedom from all attachment is the realization of God as Truth.
            ●「眼には眼を」で行けば、 しまいには全世界が盲目になってしまう。
            “An eye for an eye makes the whole world blind.”
            ●地球は、すべての人の必要を充足せしめても、 彼らの欲を満たしきることはできない。
            “Earth provides enough to satisfy every man’s need, but not every man’s greed.”
            ●国の偉大さ、 道徳的発展は、 その国における動物の扱い方で判る。
            “The greatness of a nation and its moral progress can be judged by the way its animals are treated.”
            ●目的を見つけよ。 大義は後からついてくる。
            “Find purpose,  the means will follow.”
            ●明日死ぬかのように生きろ。 永劫永らえるかのように学べ。
            “Live as if you were to die tomorrow.  Learn as if you were to live forever.”
            ●弱いものは赦すことができません。 赦しとは強いものの性質なのです。
            “The weak can never forgive.  Forgiveness is the attribute of the strong.”
            ●自分自身の知恵に信をあまりに置くのは賢明ではない。 心に留めるといい ― 最も強い者でも弱くなりえ、 最も賢しい者でも誤りうる。
            “It is unwise to be too sure of one’s own wisdom.  It is healthy to be reminded that the strongest might weaken and the wisest might err.”
            ●なにかを信じておきながら、それに生きない - それは不誠実というものだ。
            “To believe in something, and not live it, is dishonest.”
            ●この世界の内に望む変化に、 あなた自身が成ってみせなさい。
            “You should be the change that you want to see in the world.”
            ●周知だからと言って間違いは真実にはならなければ、 誰もそう見ないからといって真実が間違いにもならない。 例え大衆の支持無くとも、 真実は立ち上がる。 真実は自立しているから。
            “An error does not become truth by reason of multiplied propagation, nor does truth become error because nobody sees it.  Truth stands, even if there be no public support. It is self sustained.”
            ●私は自分が死ぬ覚悟ならある。 しかし、 私に人を殺す覚悟をさせる大義はどこにもない。
            “I am prepared to die, but there is no cause for which I am prepared to kill.”
            ●はじめに彼等は無視し、 次に笑い、 そして挑みかかるだろう。 そうしてわれわれは勝つのだ。
            “First they ignore you, then they laugh at you, then they fight you, then you win.”
            ※非暴力運動によるレジスタンスの確立から、 勝利への戦略を云ったもの。
            ●私はもっとも大きな愛を、 間違ったことへのもっとも大きな反対と結びつけることができる。
            “I can combine the greatest love with the greatest opposition to wrong.”
            ●人類が絶えず愛の掟に従ってきたかどうか、 私は知らない。 しかしそれは私の邪魔にはならない。 愛の掟はちょうど重力の法則のように働く。 我々がそれを認めるかどうかには関わりがない。 愛の掟に気がついた人は、 我々の今日のどんな科学者よりもはるかに偉大な学者だろう。 たんに我々の探求がそこまで十分に行き届いてはいないために、 誰にでも愛の法則が働くのが理解できるようになっていないのだ。
            “Whether humanity will consciously follow the law of love, I do not know.  But that need does not disturb me.  The law will work just as the law of gravitation works, whether we accept it or not. The person who discovered the law of love was a far greater scientist than any of our modern scientists. Only our explorations have not gone far enough and so it is not possible for everyone to see all its workings.”
            ●臆病なものは愛を表明することができない。 愛を表明するとは勇敢さの現れである。
            “A coward is incapable of exhibiting love; it is the prerogative of the brave.”
            ●私の行動すべては人類への避けがたい愛のうちに源を持っている。
            “All my actions have their rise in my inalienable love of mankind.”
            ●罪を憎みなさい、 罪人を愛しなさい。
            “Hate the sin and love the sinner.”
            ●敵と相対するときには、 その敵を愛で征服しなさい。
            “Whenever you are confronted with an opponent, conquer him with love.”

            ご静聴有り難うございました。

  4. 若園俊之 より:

    貴男ほど日本国を憂えいてる方はいないと思います!これからも日本国の為に発信してください、お願いします。これからも拉致被害者の方の力になって下さいね!拉致被害者方々の為に私は何をすればいいのでしょう?教えてください!

  5. 若園俊之 より:

    メールが届いたか心配なので、もう一度メールします。これからも日本国の為に意見してくださいね、応援しています!拉致被害者の方々の為に力になってあげてくださいね!拉致被害者の方々の為に何か出来ることがあるのでしょうか?教えてください!


この記事のトラックバックURL:

コメントを投稿する




»
«