藤井厳喜 プロフィール

藤井厳喜 プロフィール

藤井 厳喜
(ふじい げんき、本名:藤井昇、1952年8月5日生)
国際問題アナリスト、未来学者、評論家。
東京都江戸川区出身。
早稲田大学政治経済学部政治学科卒、クレアモント大学大学院修士課程、ハーバード大学大学院博士課程修了。

大学卒業後、米国クレアモント大学大学院を経て、ハーバード大学政治学部大学院で政治学博士課程修了。ハーバード大学国際問題研究所・日米関係プログラム研究員、政治学部助手を経て1988年帰国。

1989年~1992年は、ラジオ文化放送(JQQR)でニュースキャスターを務め、 日本文化チャンネル桜キャスターやテレビ朝日「朝まで生テレビ!」などのテレビ出演も多い。専門は、国際政治。
論客としては、有数のナショナリストであるが、時代の構造変化を視野に入れ、グローバルな視点を持つ点で他の保守派言論人とは一線を画している。明治大学、千葉商科大学等で、政治学・国際関係論、英語などの教鞭をとっていた。

米ブッシュ・ジュニア政権誕生を予期し、1999年、岡崎久彦元駐タイ大使、安倍晋三元総理、西村眞悟衆議院議員等らの協力を得て、日米保守会議を創設。リチャード・アーミテージ元米国務副長官、ロバート・ゼーリック世界銀行総裁(共に当時は民間人)等を日本に招聘し、日米政界間のパイプ造りに奔走。

1982年8月以来、発行している会員制情報誌「ケンブリッジ・フォーキャスト・レポート」は、1990年代の日本のバブル崩壊、アメリカの株価上昇、2008年9月以来の世界金融恐慌などの大胆な予測を数多く的中させてきた。 ゼネラリストとして、未来を的確に見抜くその予測能力は、内外の専門家から高く評価されている。

詩人・俳人として『月刊日本』(K&Kプレス)に「俳諧徘徊」を連載。エディット・ピアフ「愛の賛歌」等のシャンソンの新訳詞、オリジナル曲の作詞も多数ある。
現在、拓殖大学日本文化研究所・客員教授、警察大学校、専門講師、株式会社ケンブリッジ・フォーキャスト・グループ・オブ・ジャパン代表取締役。

TVコラム『厳喜に訊け!』を中心に、近年はYouTubeなどで、様々なメッセージの動画配信を行っている。不定期で、英語版のニュース解説や、動画配信も公開している。2010年の宮崎県口蹄疫被害に付いても取材、動画を配信。

2010年2月1日より、『藤井厳喜アカデミー・国民の為の政治学』をNet上で開講した。

2010年の第22回参議院議員通常選挙において、たちあがれ日本の比例代表で出馬するも落選。
公式HP
藤井厳喜チャンネル
ニコニココミュニティ

まだトラックバック、コメントがありません。

この記事のトラックバックURL:

コメントを投稿する




»
«