ヒトラーは何故ユダヤ人を虐殺したのか?(2)

ヒトラーは何故ユダヤ人を虐殺したのか?(2)

images

ヒトラーをキチガイとみなして思考停止している人は世界史をほとんど知らない。

おそらくユダヤ人に対する迫害がヒトラーによってのみ行われたと思っていることだろう。

ところが歴史書を少し紐解いてみれば、ユダヤ人の迫害はヨーロッパのほとんど全土で行われ、時間的にも古代ローマ、エジプトまで逆上ることがわかる。

その迫害の歴史を以下にまとめてみよう。

  • 紀元前13世紀 エジプト ラメセス2世によるイスラエル人弾圧・奴隷化
  • 紀元前597年 バビロン捕囚
  • 紀元前470年頃 ペルシャ帝国重臣ハマンが全ユダヤ人を根絶やしにし財産を奪い取る命令を出す。
  • 紀元前160年頃 シリアアンティオコス4世エピファネス ユダヤ人弾圧
  • 紀元前139年 ローマ市からのユダヤ人の追放
  • 西暦70年 ティトゥス ローマ軍によりソロモン神殿破壊 ディアスポラ
  • 西暦315年 皇帝コンスタンチヌス ユダヤ人を排斥する最初の勅令を出す
  • 1254年 フランスによるユダヤ人の追放
  •       

  • 1283年、1298年 ドイツによるユダヤ人の追放
  • 1290年 英国国王 エドワード1世はすべてのユダヤ人を英国から追放するという法令を発布(グレイト・エヴィクション強制立ち退き)
  • 1306年 フランス フィリップ4世によるユダヤ人の追放
  • 1348年 サクソニー(ザクセン)によるユダヤ人の追放
  • 1360年 ハンガリーによるユダヤ人の追放
  • 1370年 ベルギーによるユダヤ人の追放
  • 1380年 スロヴァキアによるユダヤ人の追放
  • 1394年 フランスによるユダヤ人の永久追放
  • 1420年 オーストリアによるユダヤ人の追放
  • 1444年 オランダによるユダヤ人の追放
  • 1492年 スペインによるユダヤ人の追放
  • 1495年 リトアニアによるユダヤ人の追放
  • 1498年 ポルトガルによるユダヤ人の追放
  • 1540年 イタリアによるユダヤ人の追放
  • 1551年 バヴァリアによるユダヤ人の追放

ユダヤ人の迫害がここまで古く、広く行われてきたことが事実であるならば、ヒトラーを批判する前にユダヤ人の事を知らなければならないのは当然のことだ。

どうしてユダヤ人はこれほどまでに嫌われ、迫害をうけるのだろうか。その原因はユダヤ人が異教徒を敵視していることにあり、彼らの根本の教えであるタルムードにある。
タルムードには以下のことが書かれている。

  • ユダヤ人は人間だがゴイム(異民族)は人間ではない。
  • ゴイムは常にユダヤの奴隷である。
  • ユダヤ人がゴイムを殺しても無実である。
  • ユダヤ人はゴイムを非難するために嘘をついてもよろしい。
  • ユダヤ人は常にゴイムを騙すべく努力しなければならない。
  • 最善のゴイムをも殺害しなければならない。
  • ゴイムは、彼らの偶像崇拝の教義から離教させるか、さもなければ殺せ。

ユダヤ人が嫌われる理由として、『ユダヤ人がキリストを殺したから』とか『ユダヤ人は経済的に豊かなので妬まれている』という説明をする人が多い。しかしその程度のことであればヒトラーは決して虐殺などしなかったはずだ。

ユダヤ人が嫌われるのは彼らが多民族を動物と同様にみなし差別しているからだ。ユダヤ人は5000年の歴史の中でその思想を貫抜き通してきたし、全世界を支配するまで決してその考えを変えることはしない。

ヒトラーの言葉を借りれば『ユダヤ人は人類に住み着く寄生虫』ということになる。


  1. 佐藤孝男 より:

    西暦315年まで、と1254年以降は全く異なる人種です。
    セム系ユダヤ人、とセム系ユダヤ人一部のパリサイ派とカザール人(カザール系ユダヤ人)との関係と同様です。

    黙示録第3章9節にそのことが書かれています。『見よ。サタンの会衆に属する者、すなわち、ユダヤ人だと自称しながら実はそうでなくて、うそを言っている者たちに、わたしはこうする。』

  2. admin より:

    佐藤孝男さん、ご教授ありがとうございます。
    しばらくこのテーマから離れているうちに話がよくわからなくなってしまいました。できれば佐藤さんのお話をもう少しお聞きしたいものです。

  3. scimitar より:

    佐藤孝男さんの御指摘は興味深いです。

    http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/5614/usi3.html

    上記のサイトにある様に、いま一般的に言われている「ユダヤ人」は旧約聖書に登場するユダヤ人とは別のハザール帝国人の末裔だということでしょうか。あり得る話です。
    ただし、一方で『真のユダヤ史』(ユースタス・マリンズ)によれば紀元前から連綿と続くユダヤ人自体も悪質な存在ということになりますので真相は少なくとも2重になっているので分析が難しそうです。
    ここで「少なくとも」と書いたのは、血縁を無視して宗教的な区分としてユダヤ人をとらえようとしても、今度はタルムード自体もバビロニア・タルムードとパレスチナ・タルムードの2種類があるということになり血統だけでなく宗教でも2重の構造が見られるからです。

    http://www.asyura2.com/12/cult10/msg/753.html

    ただ、それらの謎がわかった時には世界史の謎や現代の国際政治の謎が解けるような気がするのも事実です。それこそ戦争やテロを根絶できるヒントがあるような気がしているところです。


この記事のトラックバックURL:

コメントを投稿する




»