ビンラディンの死

ビンラディンの死

9.11の主犯とされるビンラディンをいきなり射殺して海に葬り去ってしまったアメリカの行動はどう考えても不自然ですね。

生け捕りにして自供させればテロリストに計り知れないダメージを与えることができたはずです。

口封じが目的だったのでしょうか?
来年の大統領選挙に備えた人気取り政策だったのでしょうか?
財政に行き詰ったアメリカ政府がアフガニスタンから撤退するための口実にしたかったのでしょうか?

ネット上の通説によればビンラディンはCIAのエージェントで前ブッシュ大統領とは親密であり、とうの昔に病院で死亡していたそうです。
(CIAのエージェントと言えば原発を推進した元読売新聞、日本テレビオーナー正力松太郎と同じです。)

その説を信じるならばこれまで彼の死を引き伸ばしてきたのは9.11を自作自演することにより、テロリストという仮想敵国を捏造し、アメリカの軍需産業を支援して景気を押し上げるためにビンラディンには生きていてもらわなけえればならなかったということだと思います。そして戦争の泥沼化が財政を圧迫する結果になり、そろそろ国策の方向転換を図らなければならなくなったということでしょうか?

今回ばかりはオバマ大統領の演説にしらけきったアメリカ人からたくさん抗議の声が上がるはずと思っていた私は彼らの単純なお祭り騒ぎを見て呆然となりました。アメリカや日本の陰謀ばかりに意識がいってしまう自分のほうが頭がおかしいのではないかと思ってしまいます。


  1. 山本敏晴 より:

    オサマ・ビンラディン容疑者の殺害は、国際法違反の可能性。

    ①米同時多発テロなどの一連のテロ事件の全容は解明されておらず、犯人は特定されていない。本人が犯行への関与を表明していたとしても、名誉欲の為の虚言の可能性がある。

    ②主権の及ばない他国での軍事行動の施行は国際法で認められていない

  2. ウィキリークスの779人のグアンタナモ収容者のリストの中に、オサマの公式連絡人と密接な関係を持っていた収容者がいますよ。70年生まれのリビア人だ。探してご覧。オサマ本人に会ったのは01年11月が最後だと書いてある。そして12月にオサマは死んだんだ。これが暴露されて米国は慌てたんだ

  3. CIAの仕事は米にとって目障りな政治指導者の暗殺・政権転覆だ。ビン・ラディン暗殺は、それが彼らの仕事だからだ。米の意のままにならない田中角栄をロッキード事件で抹殺したのはCIAだった。いま、米が最も恐れている日本人政治家は小澤一郎だ。菅、検察、マスコミはCIAの手先に過ぎない


この記事のトラックバックURL:

コメントを投稿する




»
«