なぜレベル7に引き上げられたのか?

なぜレベル7に引き上げられたのか?

原発事故評価が一気にレベル7に引き上げられて私もかなり精神的ダメージを受けました。

何百キロメートルにもわたって被害を及ぼしたチェルノブイリと同じ規模の放射能汚染が日本人を半永久的に苦しめることを意味するからです。健康だけの問題でなく、日本からの輸出品、観光業に対するダメージも計り知れないものがあるでしょう。

これまで苦しげにレベル5で抑えてきた日本政府がなぜここにきて一気に事故評価を2段階も上げる必要があったのでしょうか?IAEAなど他の原子力機関がチェルノブイリ以下だと言っているのにも関わらずです。

番組中で青山繁治氏はアメリカに媚びて(アメリカの圧力に負けて?)引き上げたといっていますが、それでアメリカの議会の承認がとりやすくなるというのはいまひとつ腑に落ちない説明だと思います。

たしかに今回アメリカからの指示があったのは間違いないでしょう。しかし本当の理由は大量の放射能を海に捨てたことにより中国、ロシア、韓国などの国際的非難が高まっていることに対する防衛策なのだろうと思います。もしレベル5のままであれば数百兆円~天文学的数字の賠償金を吹っかけられる可能性があります。レベル7という最悪の事故の状況下であれば海洋汚染も仕方のない処置だったのかという印象を与えることもできるでしょう。

おそらく日本は国際的批判をかわすためにアメリカに頼ったのでしょう。その代わり同じお金が姿を変えて友達作戦の代償としてごっそりと支払われることになるのでしょう。賠償金の支払いのためにアメリカの国債が処分されるリスクも回避されるのです。

世間知らずのボンボンが引き起こした大事故。
事故処理にあたるアメリカがたかり屋を排除することでたんまりと報酬をいただくという図式です。


Fatal error: Uncaught Error: Call to undefined function ereg() in /home/aquath/xn--ubt711i.jp/public_html/wp-content/themes/keniwp_blue01_3ad/comments.php:36 Stack trace: #0 /home/aquath/xn--ubt711i.jp/public_html/wp-includes/comment-template.php(1554): require() #1 /home/aquath/xn--ubt711i.jp/public_html/wp-content/themes/keniwp_blue01_3ad/single.php(58): comments_template() #2 /home/aquath/xn--ubt711i.jp/public_html/wp-includes/template-loader.php(106): include('/home/aquath/xn...') #3 /home/aquath/xn--ubt711i.jp/public_html/wp-blog-header.php(19): require_once('/home/aquath/xn...') #4 /home/aquath/xn--ubt711i.jp/public_html/index.php(17): require('/home/aquath/xn...') #5 {main} thrown in /home/aquath/xn--ubt711i.jp/public_html/wp-content/themes/keniwp_blue01_3ad/comments.php on line 36