高橋洋一 プロフィール

高橋洋一 プロフィール

高橋 洋一

高橋 洋一(たかはし よういち、1955年9 月12日生)
元財務官僚・エコノミスト。
株式会社政策工房代表取締役会長、嘉悦大学教授、金融庁顧問、博士(政策研究)。

東京大学理学部数学科卒業
東京大学経済学部経済学科卒業
大蔵省(現財務省)入省後 理財局勤務を経て米プリンストン大学に留学。

帰国後小泉内閣において竹中平蔵大臣の補佐官、2006年に安倍内閣において内閣参事官に就任。改革の司令塔として郵政民営化・道路公団民営化・政策金融改革・公務員制度改革などを実現。07年には財務省が隠す国民の資産『埋蔵金』を公表し脚光を浴びた。
2008年3月に退官。
その様子は長谷川幸洋氏が書いたドキュメンタリー『官僚との死闘700日』に詳しい。

増税する前に、まず政府の無駄な出費を減らすことを主張する上げ潮派の論客。
著書『さらば財務省!』は山本七平賞を受賞した。

まだトラックバック、コメントがありません。

この記事のトラックバックURL:

コメントを投稿する




»
«