渦中の小沢一郎単独インタビュー

渦中の小沢一郎単独インタビュー

日本の政治の新しい流れを作り、常に中心的存在だった小沢一郎氏が検察とマスコミ、反小沢派の政治家を敵に回し最大のピンチをむかえている。

彼らが常に問題にする金権政治は本当のことなのか、それとも小沢氏のめざず政治改革を快く思わない連中がグルになって小沢潰しを狙っているのか。

渦中の小沢氏がマスメディアを差し置いてフリージャーナリスト岩上安身氏の独占インタビューに応えることになった。


  1. hatimitutoringo より:

    小沢一郎は、大した政治家ですね。

    カンを引っ張りおろして、亀井さんと、立ち上がれ日本を引き入れて積極財政に打って出てほしい。

    政治は現実ですな。理想論ではありません。
    理想をいえば国民新党が総理を出すのがいいでしょう。

    小沢さん以外で、今すぐに国民を救える選択肢があるだろうか?

    国民は小泉政権以来、毎年20万人が自殺に追いやられている。

    今も野山で生活している人が16万人以上おり、その人たちが毎年死んでいる。

    その予備軍も、その10倍は存在するでしょう。

    そんなときに、理想論を語るのは悠長にすぎるわけですな。

    もし解散すれば、民主党も自民党も過半数をとれず、みんなの党が第一党に躍進するんでしょうが、それでも過半数は無理でしょうから、そうなると経済政策を景気上昇型に向けるのに、今よりも多くの時間がかかるでしょう。

    また、大連立をやれば自民党と民主党の増税派が多数となり、増税を実施するでしょう。そうなれば、国民は、今の2倍~10倍が殺されるでしょう。

    消費税1%、2兆円の増税で、4,5年後にGDPは5%くらい減少しますから、25兆円くらい失われるわけで、そうなると企業の売り上げが80兆円くらい減少するのです。

    だから、今のところ小沢さんに期待せざるを得ない。

    • 新太 より:

      hatimitutoringoさん、

      まったく仰るとおりです。

      日本の権力者たちは国の無策のためにどれだけ多くのまじめな国民が死に追い詰められているのかまったく考えていません。

      さらにこの最悪の状況でマスコミをコントロールし、小沢氏をつぶしにかかり、消費税増税をたくらむとは、とんでもない悪政です。

      私も小沢氏の復活が日本再生の第一歩になると大きな期待をしています。

  2. はるちゃん より:

    最近少しずつ、小沢一郎をひいきする世論が増えてるようですが、少し期待が大きすぎるように思います。冷静に彼の実績を振返ると、細川政権の樹立と小選挙区制の導入以外はさしたるものはありません。一方で政策以外の政治的活動や政治スタイルは際立っており、過去の大きな事績とあいまって小沢を待望する世論が絶えないのだと思います。
    また、直近の彼をみていると大きな疑問が2つあります。一つは鳩山政権時代に幹事長でありながら何もできなかったこと。もう一つは強力な議員を多数含むグループを形成できていないことです。このまま彼が政権を取ってもあまり期待はできないと思います。
    とはいえ、他の国会議員に比べればダントツに期待できる人ですし、1度首相をやって欲しいとは思います。
    ただ、今の日本は行政や企業と同様に政治も劣化しており、1人のヒーローが世の中をガラっと変えることはできないと思います。政治で言えば、小沢よりはるかに若い世代に有力な議員がたくさん出てこないと難しいと思います。
    さらに言えば、有権者の人口比が高齢に偏っていることも変化を遅らせている一因だと思います。

    • 新太 より:

      はるちゃん、コメントありがとうございます。

      >1人のヒーローが世の中をガラっと変えることはできないと思います。

      たしかに日本の体制の劣化ははなはだしく、簡単なことではないように思えます。しかし根本の問題は意外と単純ではないでしょうか。

      つまり官僚が政治家を支配していて、マスコミを利用して国民を洗脳し体制を維持していることが日本の最大の問題だと思います。

      マスコミの利権が崩壊し、正しい情報が自由に流れるようになれば官僚による支配も終焉をむかえるはずです。

      インタビューの中にもありますが、小沢一郎氏はマスコミの利権にメスを入れようとしましたね。それがマスコミからバッシングを受けた原因だと思います。

      小沢一郎氏が総理大臣になればマスコミの既得権益を取り除くことは簡単にできてしまうと思います。そのとき民主主義の大きなうねりを期待したいです。


この記事のトラックバックURL:

コメントを投稿する




»
«