9.11テロとCIAの陰謀

9.11テロとCIAの陰謀

ネットではもはや常識となっている9.11テロの陰謀説ですが、一般社会で話を持ち出すとほとんど気違い扱いされてしまいます。

地方のテレビ局ではありますが9.11陰謀説を訴えたのは国会議員の藤田幸久氏。国会で9.11テロの真相を追及した人でもあり筋金入り、事実関係を詳しく調べていらっしゃいます。

それに対して反論したデーブスペクターはユダヤ人だそうですが、異常に感情的になったあたりをみると本当にCIAのエージェントなのだろうと思ってしまいます。

9.11テロを認めることは天と地がひっくり返るような衝撃であり、これほどの醜い陰謀が白昼堂々と繰り広げられている現実は信じたくはありませんが、残念ながら我々一般人は長い間、騙され続けてきたというしかありません。


  1. yojituraku  より:

    この陰謀説の真偽はどうでしょうか? よくわかりません。
    小生はこの陰謀説の背景は、もっと複雑だと思う。
    こういう情報を流して、得をする組織はどこか? それを考えますね!
    多面的に見ないといけません。
     
    シナの情報工作の方がずっと要注意ですよ!
    シナは三国志の時代より、情報工作に長けている。
    シナにとって、日米同盟ぐらいじゃまな存在はない。
    反米宣伝活動の裏に、日米同盟を弱めることで、その隙に尖閣などをかすみとろうともくろんでいる。 シナ暴力団の影を強く感じてしまう。

    現に、沖縄ではシナの情報工作は一部成功してますね!
     沖縄人の祖先はシナ人であり、ヤマトから独立しなければならない。と喧伝してますね! そういう反日教育をシナ人にするだけでなく、
    沖縄の人にもしている。 それに乗せられた方もいますね!

    太平洋戦争の敗戦の歴史で、学びましたね!
    米国、中国、ロシアなどの大国は、みんな、めちゃくちゃ腹黒いですね!
    日本は、それ以上に腹黒くなれ!と言いたい。

  2. 新太 より:

    米国、中国、ロシア。
    おっしゃるように日本は本当に腹黒い大国に囲まれてしまっていますね。

    その中で生き残っていくために日米同盟を生命線として考えてきたのだと思います。

    私も言論の自由がない共産国の属国になるくらいなら、対米従属のほうがいいと思います。

    しかし、その甘えに好きなだけ付け込まれてしまったのではないでしょうか。

    日本はCIAというウイルスに感染してしまった制御不能のパソコンです。ワシントンに完全にリモートコントロールされてしまっています。

    世界で有数の債権国であり、経済大国の日本ですが、日本人のほとんどが相変わらずウサギ小屋に住んでいます。

    働いても働いてもこの状況は変わりません。収入のほとんどをごっそりアメリカにもっていかれているからに違いありません。

    日本再生の近道は政府紙幣を発行して、大々的なインフラ整備をやることだと思いますが、ウイルスに感染してしまったこの状況では日本人は日本人のためにお金を使うことが許されません。

    中国、ロシア、たしかに怖いですが、そのまえに日本の主権を取り戻す必要があると思います。

    • 伊藤逍遥 より:

      他の先進国で暮らした事がありますか?
      発展途上国でもいいです。
      どちらかで一年でも生活した事がありますか?
      もし、あるのなら、この日本より恵まれている民衆を見た事はありますか?

      私はこんな恵まれた豊かな国は他で見た事がありません。

      他国の飢饉は我々日本人のせいではなかろうか?
      と思い込んでしまう程、贅沢三昧を欲しいままにしている民族だと思います。
      それでも、まだ足りないと思いますか?

      「経済に良く無いから消費をしなければ…」と米国をはじめとする先進国に足並みを合わせて、私欲の限りを尽くす行為をどう思われますか?

      私達が豊かな暮らしを遅れるのはご先祖様の恩恵によるものです。
      我々の力によるものではありません。
      そして、子孫の禍福は我々にかかっております。

      真面目に働いている人達の気力を削ぐ様な馬鹿げた話はやめましょう。

      世界に立派な国家を建てるなら、我々国民一人一人が立派な人間にならねばなりません。
      我々が陛下のお恥とならぬよう、立派な振る舞いに徹し、世界中の人々が幸せになる様に努めましょう。それが恵まれている我々日本人の役割です。祖先も望まれているはずです。
      独り占めをしてはいけません。

      欧米などの根本が違う連中と次元の低い争いに興じている暇があるなら、他の事に時間を費やすべきです。

      私達は物的な豊かさを西洋文明から惜しみなく教わりました。
      今度は荒んだ国々へ、精神的に豊かな東洋文明を惜しみなく教えて返す義務があります。

      それが道というものではないでしょうか?

      くらだない事を述べていないで目の前の使命を果たしましょう。

      • 新太 より:

        そんなに恵まれた国なのになぜ年間3万人も自殺する人がいるのですか?どうか理由を教えてください。

        • 伊藤逍遥 より:

          利己主義は蔓延しているからです。

        • 新太 より:

          それは説明になっていませんね。利己主義が蔓延しているというならアメリカのほうがそうでしょう。しかし日本ほど自殺者はいません。日本は決して恵まれた国ではないのです。

          • 伊藤逍遥 より:

            アメリカアメリカと取り付かれているようですね。
            盲目的で話にならない。

            国外で何年も生活した事がありますか?
            無いのであれば、海外に関するあなたの情報源は?
            自分で体験して感じた事ですか?

            日本もアメリカもオーストラリアもイタリアもフランスも皆同じ問題を抱えています。
            贅沢三昧に関しては率直に日本が最も酷いと感じます。
            いわゆる平和ボケでしょう。

            考えなくても楽に生活ができるから考えなくなる。
            考えないから思考力が低下する。
            挙げ句の果てには、世界の現実を知らずに思い込みで陰謀説を唱える。

            他国に利己主義がはびこっているからこそ、我々が精神を高めて古来から伝わる道を教えてあげるのがイーブンではないでしょうか?
            それとも日本がよければそれでいいのですか?
            我々の祖先はそれを望んで命を繋いでこられたのでしょうか?

            もし、現代に吉田松陰先生がいらっしゃったらどうおっしゃいますか?
            二宮尊徳先生がいらっしゃったらどうおっしゃいますか?
            中江藤樹先生がいらっしゃったらどうおっしゃいますか?

            有るべき状態が何であるか冷静に考え、ひたすら徳を積む事だと思います。

            さて、あなたのいう日本再生とはなんですか?
            経済的な優位に立つ事でしょうか?
            それとも復古でしょうか?
            何を基準に再生と言っているのかわかりませんが、我々日本の堕落を欧米の責任にして何か解決できるものがあるとは思えません。
            彼らがほくそ笑むだけです。

            現実主義者から見れば、右も左も同じ輩。他人の陰謀のせいで自分は不幸ですというのは道理に合わない。状況は変わらんでしょう。

            仕事がうまくいかなかった事を、部下のせいにしたり、クライアントの我が儘のせいにしたり、何かと外部要因にする人が増えましたが、結果的に本人が伸びしろを失い、加齢とともに将来に対する不安が増幅します。

            我々の生態は自然界での支え合いが基礎です。
            生まれてこのかた自らの力で何かを成す事はありません。
            死ぬまでないでしょう。生まれる事から死ぬ事までもが自分の力で成せません。
            生かされている事に感謝をするのが我が国古来の文化です。
            超現実主義です。
            ビジネスの正体も他人の為に役立つ行為です。
            その行為を継続発展する為に収益性を高めます。

            利己主義は支え合いの現実の構図から外れる訳ですから、精神に異常をきたすのは当然でしょう。
            目の前の仕事に文句を言わずに取り組む人、何を頼んでも文句を言わずに取り組んでくれる人、この様な人達に鬱病はいません。皆さん幸せそうです。

            負の連鎖は負を呼びます。
            憎しみでは鬱病はなおりません。
            不幸な人が増える原因となる悲観説はやめて頂きたい。
            我々日本人は優秀です。
            海外に散らばればユダヤ人にも劣らないと思います。
            日本人は気付いていませんが、ユダヤ人は気付いているでしょう。
            日本では普通でも海外にでればとても重宝されます。
            私達はそれほど勤勉なのです。

            そういう現実を知り、自分達の使命を知り、生涯において使命を立てる為に努める事が立命といいます。そうなれば自殺者は減るでしょう。

            福沢諭吉が愚政は愚民からと言い、民衆に学問をすすめた訳ですが、現在はとても残念な状態です。

            如何でしょうか?

          • 新太 より:

            『年間3万人も自殺する国がなぜ恵まれた国なのですか?』と聞いているのです。残念ながら貴殿から納得のいく説明はこれっぽっちも得られていません。話がどんどんずれているだけです。

            それから敢えて応えるならば、私は元貿易商です。海外交流の経験はおそらく貴殿の比ではないと思います。

          • 伊藤逍遥 より:

            私の話を理解しても自殺者が多い理由を理解できないのであれば、それはやむを得ないでしょう。
            話はずれていません。本と末の関係です。

            わかる人にはわかります。
            あなたにわからない事もわかります。
            それだけの事です。

            私の問いに答えられないのはやむを得ないところでしょう。
            よしとしましょう。

            さて、海外の交流と実際に海外で暮らす事は別な事はお分かりになるはず。
            貿易交流の実態は商いです。
            利が絡めば本当の正体などはわからず、観光に毛が生えた程度でしょう。

            私の事業拠点は各地に存在します。
            最長では、5年ものあいだ国に戻った事がありません。
            外にいればいる程、我々日本の良さと悪さがわかります。
            よく見えるのです。

            「生活を改善しなければ…」
            「もっと勉強しなければ…」

            などなど本心では感じる事がありながら腰はとても重い。
            アフリカの飢饉のニュースに涙をしながら「何かしなきゃ」と思いつつも結局は何もしないで、自分は毎日欠かさず好きな食事を選んで食べる。
            「しょうがない」と思いながら。

            霞ヶ関や永田町にも確かに問題はありますが、それ以前に我々個々人の問題もないとは言えないでしょう。如何なものでしょうか?

            全てが政治の責任であるというのであれば、もはや救いようがありません。
            その様な国民が増えた国が堕落するのは当然の事。

            アメリカ人がアメリカの為に画策する事は、彼らの思考からすれば至極当然の事であって、我々は我々の問題を解決する努力をするべきです。

            「日本国ハマサシク宇内ヲ霊的二統一スべキ天職ヲ有ス」

            霊的とは精神的という事で、高い精神性を世界にもたらし、すさんだ国々を救う役割を担っていると捉えています。

            地球上の平和を主導するのは日本国であり、その為に我々は徳を高める必要があります。
            他国の愚行に愚痴っている場合ではありません。

            どの様な軍事国家であっても、徳が満ち溢れている国を打ち砕く事はできません。
            どの様な策略を持っても、徳が満ちあふれている国をだます事はできません。

            要は我々がそれぞれ徳を身につければいいのです。

          • 新太 より:

            説明になっていないから理解できないだけです。自分勝手に天動説を唱えているるのと同じです。日本の戦前、戦後史それから経済の原理を勉強して視野を広めてください。

          • 伊藤逍遥 より:

            自分勝手に考えを述べているでは無く、道理の一部を述べています。
            私の考えではなく古来より存在する道理です。
            古今東西、基本は変わっていないでしょう。

            私の記述が天動説と同様に聞こえる様では理解力に限界があるようです。
            残念ながらこれ以上は通じないと思われます。
            限界ラインを超えているか、感情的になっているかのどちらかです。
            知識を身につけるのは重要ですが、知恵や感性も身につけられる事をお勧めします。

            我々大人の責任はとても大きい。
            少なくても我々が生まれた時よりも良い環境を残す義務があります。
            真実を認識する感性を養いましょう。

            我々大和民族には大切な使命があります。
            それに気付いた時に全てが始まります。
            我々の子孫の繁栄は、我々の思考に左右されます。

            日本の国が他国の市場で金儲けを画策するのでは無く、他国の為に尽くす事ができれば、国病も徐々に和らいでいくでしょう。個人のそれと同じ様に。

            欧米と同じ思考レベルで物事を考えずに、先哲から伝えられた事をしっかり学びましょう。

          • 新太 より:

            実はあなたの言わんとすることはすでに私にはわかっているのです。感性はもちろん大事です。でも知識も同じように大事。両方とも大事なのです。

            若いのならもっといろんなことを勉強すればいいじゃないですか。ひとつの思想に凝り固まっいても仕方がない。必要ならば相手の土俵にも上って闘うことです。それができなければ人間的な進歩はないでしょう。

  3. なべちゃん。 より:

    9/11テロについて
    青山氏も「アメリカの関係者に写真を見せられたから本物だ。」と言っていました。それも熱弁してましたよ。これを聞いてガッカリしました。青山氏もアメリカの仲間だったんだ。彼は、原子力の専門家じゃないよ。自分は、何でもやる人間は、信用できない。真実を追求するのがジャーナリストだと思います。

    • 新太 より:

      なべちゃん、

      私もその放送は見ました。そしてなべちゃんと同じようにがっかりしました。

      共同通信の出身ですから洗脳がとけないのでしょうか?
      私は本人もそのことに気がついていないのではないかと解釈しました。

      私も青山氏に対してもっとも不満なのはその点です。
      ですがそのことで彼を全否定することはしませんでした。

      圧力を恐れず強いものに対して堂々と物を言う姿勢は高く評価したいです。たとえ間違っていてもそういう人がたくさん出てきてほしいです。

  4. よしお より:

    この藤田ってキチガイですね。
    結局、このキチガイの感覚でビルの倒れ方がおかしいんじゃないか?とかペンタゴンの穴が小さい感じ等、論理的ではありません。
    制御解体はビルにいる人間に気づかれないようになんて出来ないし、ペンタゴンでは、遺体もすべて見つかっているのに。


この記事のトラックバックURL:

コメントを投稿する




»
«