外交・領土問題の正しい考え方(孫崎享、岩上安身)

外交・領土問題の正しい考え方(孫崎享、岩上安身)

孫崎享、岩上安身の2人がネットで語る外交問題はおそらくもっとも真実に近いのではないでしょうか。日本とアメリカ、中国の外交問題が高度にわかりやすく述べられています。

普天間の基地問題で揺れ動くこの時期に尖閣諸島問題がタイミング良く起きたことは決して偶然だとは思えません。

尖閣諸島問題は理不尽な中国として多くの日本人が捉えていますが、日中漁業協定の本来の約束を破ったのは日本であったという真実が鋭く指摘されています。

ロシアや中国と裏で関わった人間は社会的に厳しく抹殺されるのに対して、アメリカとの裏取引、売国行為はまったく問題として取り上げられないのがなんとも不思議だという主張は、まったくそのとおりですね。

日米の同盟関係とは日本を完璧なまでに搾取するためのアメリカの陰謀だという事実に一般の日本人が早く気づかなければなりません。

まだトラックバック、コメントがありません。

この記事のトラックバックURL:

コメントを投稿する




»
«