アメリカ金融業界の実態(町山智浩)

アメリカ金融業界の実態(町山智浩)

ヤクザに警官をやらせるアメリカ政府。
アメリカの政権は金融業界に完全に支配されてしまっている。


  1. yojituraku  より:

    Inside Job見たいですね!
    あまりにも理不尽ですね!
    それでまた米国は6千億$も追加金融緩和するらしいが
    こういう金融業を介して流しても、米国の経済は良くならないでしょう!

    それとこの裏には、マスコミの影響力もあるような気がする。
    真面目に働かず、詐欺商売でもなんでも楽して儲けた者が勝ちという風潮!

    シナ暴力団に対して、日米同盟を強化しなければならないのに、
    米国経済が衰退してはどうしようもないですね!

    ならば、日本こそが大規模な金融緩和を行い、
    その資金の一部で、日本製造業が米国に乗り出し、米国の製造業を復活させる。 そしてシナ製品を追い出す。 
    というシナリオが出てきます。 
    もちろん、国内需要&雇用拡大の成長戦略と並行してです。

    そのぐらい積極的経済政策が出来る指導者が必要ですね!
     それと国民、特に若者が積極的に、元気にならなければいけない。
     もちろん小生も含めてですが、

  2. 新太 より:

    yojiturakuさん、

    サブプライムのような大きな問題が起きて多くの人達に迷惑をかければ、深く反省してしばらくおとなしくするのが普通の日本人の感覚なのでしょうが、アメリカの悪党どもはぜんぜん反省する様子がありませんね。

    彼らを取り締まり懲らしめることができないアメリカはまるで無法地帯、落ちるところまで落ちるしかないかもしれません。

    ただそのような映画を作らせる寛容さがあるだけ、腐っても鯛、まだ中国政府よりはましなのでしょう。

    米国がここまで落ちてしまえば、おっしゃるように日本が自力で立ち上がるしかないと思います。

    今こそ日本からノーベル経済学賞をとったり『積極的経済政策が出来る指導者』が出てきてもらいたいですね。


この記事のトラックバックURL:

コメントを投稿する




»
«