積極財政(ポール・クルーグマン)

積極財政(ポール・クルーグマン)

日本は景気が悪い状況で緊縮財政を行ってきた。
政府の無駄をなくし余ったお金を投資に向けようという考え方だが、景気が悪い時ほど積極財政を行わなければならないというのがノーベル賞受賞のポール・クルーグマン教授の考え方。日本の経済学者、官僚、政治家に根本的な間違いがあったことが、日本を自滅させているのかもしれない。

まだトラックバック、コメントがありません。

この記事のトラックバックURL:

コメントを投稿する


Notice: Undefined variable: user_ID in /home/aquath/xn--ubt711i.jp/public_html/wp-content/themes/keniwp_blue01_3ad/comments.php on line 250




»
«