日本文明のユニークさとその世界的使命(清水馨八郎)

日本文明のユニークさとその世界的使命(清水馨八郎)

日本人を元気にさせる歴史観を発表し続けている清水馨八郎先生。
海軍兵学校の教官でいらっしゃったんですね。

(以下ウィキペディアより)
政治団体「國民新聞社」の機関紙として発行されている國民新聞2010年1月25日号において、「小沢一郎は済洲島出身」と題し、小沢一郎、土井たか子、福島瑞穂、菅直人を在日認定する記事を執筆した。なお、土井たか子と福島瑞穂については「本名」についても言及されており、土井の「本名」として書かれている名前は、WiLL2008年5月号で花岡信昭が執筆した記事と同じく李高順である。(WiLLは土井から名誉毀損で提訴され、敗訴が確定している。また、WiLL2008年11月号には謝罪文が掲載された。)

まだトラックバック、コメントがありません。

この記事のトラックバックURL:

コメントを投稿する




»
«