台湾沖航空戦 大本営発表の嘘

台湾沖航空戦 大本営発表の嘘

戦況が不利になっていくにしたがい、戦果報告は期待と嘘が入り交じり不正確なものになっていった。しかしその情報の誤りに気がついても大本営は訂正をすることもなく現実の戦いに大きな支障をきたすことになっていく。

プライドが高すぎて、自己の誤りを認めたり修正できない日本人の弱さや巨大化した組織の脆さ。

まだトラックバック、コメントがありません。

この記事のトラックバックURL:

コメントを投稿する




»
«