太平洋戦争中の海上輸送(脆弱な生命線)

太平洋戦争中の海上輸送(脆弱な生命線)

戦争は軍隊と軍隊の戦いだけではなく、物資の輸送などが生命線となる。アメリカは日本のアキレス腱とも言える海上輸送の弱点を突いて確実に有利な戦いを進めていった。

まだトラックバック、コメントがありません。

この記事のトラックバックURL:

コメントを投稿する




»
«