南方油田確保と太平洋戦争

南方油田確保と太平洋戦争

アメリカからの石油供給を絶たれた日本は、南方の石油を獲得し確保するのが生命線となった。

しかし次第にタンカーへの激しい攻撃を受けるようになり、戦況は非常に不利な展開となっていく。

遠方からの資源調達というハンディを抱えたまま日本は無謀な戦争を仕掛けたといわざるをえない。

まだトラックバック、コメントがありません。

この記事のトラックバックURL:

コメントを投稿する




»
«