社会保険庁(岩瀬達哉、宮崎哲弥、水道橋博士)

社会保険庁(岩瀬達哉、宮崎哲弥、水道橋博士)


  1. 斉藤峰子 より:

    岩瀬達哉さま、
     

    私は網膜色素変性症の障害者です。

    高知社会保険事務局で個人情報の開示請求をして障害年金の申請書類に
    付け替えや差し替え改ざん等があることが分かりました。
    厚生労働省には意見、質問のメールを送っていますが回答はありません。

    社保庁にも法令違反の通報メールを送っていますがこちらも反応がありません。

    年金業務監視委員会に連絡して高知行政評価事務所で調べていただきましたが9ヶ月後に受けた回答は社会保険事務所の都合の良い嘘ばかりの内容です。

    障害年金の申請書類を偽造されている人は 他に多くいるはずです。
    自分の申請書類を開示する人はいないので知らないと思います。
    とても精巧巧妙に出来ていて恐怖さえ感じます。
    業務センターが関わらなければ出来ないものもあります。

    これは高知社会保険事務所だけの問題では無いと思います。

    どうか公表してください。

    障害者が不利益を被ったり、利用されることがあっては
    いけないと思います。

    ジャーナリストの先生が自由に発言できなくなると
    言うことは無いと思いますのでどうかお願いいたします。

    個人情報の開示をしてどうしても皆さんにこの事実を知ってほしくて
    書き込みをさせていただきました。

    障害年金も原簿とコンピューターの記録を照合してほしいと思います。


この記事のトラックバックURL:

コメントを投稿する




»
«