民主と自民の大連立(管理人ブログ)

民主と自民の大連立(管理人ブログ)

大連立

今日の田原総一朗のクロスファイアという番組に民主党の渡部恒三氏と自民党の森喜朗氏の長老2人が仲良く出演していました。

番組の中で彼らが言い出したのは『大連立』。
民主も自民も消費税、普天間基地問題、社会福祉などの政策面で一致しているから、ねじれ国会を回避するために大連立をすべきだと本気で言っていました。

彼ら長老によると今の政治は面白くないそうです。
小泉政権が郵政選挙をおこなってから、刺客をたて小泉チルドレンといったわけのわからない政治家がたくさん増えたころからつまらなくなったらしいです。これは私たち国民の立場からするとまったく逆で、小泉政権あたりから政治が透明化され、面白くなったのではないでしょうか。
つまり長老たちは、自分たちが守っていた権力が流動化し、影響力が小さくなったことをつまらなくなったとダダをこねているだけとしか思えません。

自分たちの権力を取り戻すために大連立と言っている長老たちに騙されるほど今の若手政治家がバカだとは思いませんが、ねじれ国会を打開するためという大義名分で大連立という方向に進む可能性も決して小さくはなくなってきました。

しかしそんな事をしたら、2大政党制を信じて投票してきた国民に対してとんでもない裏切りです。

民主と自民が官僚の思惑に操られ、財政重視の大きな政府へとむかっていくならば、対極としての小さな政府、みんなの党が躍進することになるでしょう。


  1. 匿名 より:

    A:3年間民主与党→日本崩壊
    B:解散総選挙→持っていけるか?
    C:大連立→可能性有り。

    大連立として、どれだけ自民においしい汁を吸わせる条件にできるかだよな。
    衆参ねじれてると後で民主が暴れかねないから、そこはきちっと釘を指して置かないと。
    民主の中から数人自民に引きずり込む&赤狩り(売国奴を切り捨て)&原口氏を総理に
    くらいの条件でないとね

    • 新太 より:

      大連立を読売のドン、ナベツネがけしかけているようですね。これで彼もCIAのエージェントとして日本をアメリカの属国に貶めていることがはっきりしました。国民を愚弄するのもいい加減にしてもらいたいものです。

      大連立の最終的な狙いは消費税増税でしょう。
      絶対に許すわけにはいきません。

  2. yojituraku  より:

    15年もの長きデフレ円高不況と借金900兆円の起因は、自民に責任がある。
    高橋洋一さんが、政府紙幣発行を提案したが、採用されなかった。

    そして民主政権になって、デフレ円高不況と借金は、ますますひどくなった。

    で谷垣自民だが、財務官僚にコントロールされて、
    このデフレ円高不況において、なんと財政健全化法案を提案しており、
    消費税10%増税路線で菅政権と歩調を合わせている。

    まあなんとこの15年もの長きデフレ円高不況は何だったのか? 全く学習能力がない。

    これで景気が回復する可能性はない、ジリ貧になることは必然である。

    谷垣さんには、尖閣事件で、自民なら、初めから船長を返していたので
    こんな問題にはならなかった。 とまあこの外交センスもだめですね!

    そして、参議院でみんなの党が出した劉暁波氏釈放要求議決案に、
    自民は非協力的で廃案になってしまった。
    本来野党第一党の自民が積極的にこの議決案を出すべきであった。

    こういう無能無策の二大政党が連立しても、何も期待できない。

     常識的に考えて、第三局による政界再編しかないでしょう、
    そのことをマスコミは言わないし、国会に提出しているみんなの党の政策についても、例えば、日銀法改正なども報道しない。

    正直 小生は読売採るのやめようと考えている。

    • 新太 より:

      >yojiturakuさん、

      読売新聞をご購読中でしたか!

      普通CIAのエージェントは裏でこっそり動くものでしょうが、ナベツネさん、今回は自分から名乗ってどうしたんでしょうね??

      おそらく薩長同盟の龍馬にでもなった気分で、最後に注目を集めたかったのでしょう。

      それにしても本当に情けない二大政党ですね。大連立を組んで消費税を勝手に上げたら八百長です!!

      アメリカにとってそれまで完全にコントロールしてきた自民党に代わって、民主党内閣が生まれることはたいへんな脅威だったと思います。しかし、彼らは小沢氏を徹底的につぶし、菅内閣を自民党同様官僚の支配下に置くことに成功しました。彼らにとってみれば自民でも民主でもどっちにころんでも大丈夫な体制ができたわけですね。

      小沢氏と鳩山兄弟、桝添氏が会談したそうですが、対米従属反対派の政党が生まれそうです。日本の政治はぐちゃぐちゃになってしまいそうですが、私はもう一度こちらの動きに期待したいと思っています。


この記事のトラックバックURL:

コメントを投稿する




»
«