記者クラブ開放と情報リーク

記者クラブ開放と情報リーク

官僚がマスコミに情報を漏らすのは公務員法で禁止されてはいるが、世界の常識から考えて必要悪とみなすべきことは意見が一致した。また記者クラブの存在自体は問題がないが、オープンにすべきという点でも一致している。

一方、リークが官僚に有利なように意図的に行われているという問題に関しては池田氏は否定している。しかし、このあたりは東京新聞の長谷川氏あたりが動画で詳しく語っているように意図的なリークは間違いなく存在しているようであり、池田氏の認識不足であろう。

政権とマスメディアの崩壊(佐々木俊尚、長谷川幸洋)

まだトラックバック、コメントがありません。

この記事のトラックバックURL:

コメントを投稿する




»
«