上祐史浩が語るオウム真理教

上祐史浩が語るオウム真理教

オウム真理教が起こした事件も風化が進み、今では事件のことを知らない若者も増えてきたと言います。オウム真理教の中でNo2の立場にあった上祐史浩は麻原彰晃への帰依から脱却し、新しい教団ひかりの輪を立ち上げ活動を続けてきました。

今彼らは何を考えているのか、そして宗教とは何なのか、現代人がもう一度あの事件を考え直すときに来ているのかもしれません。

個人的には上祐氏の受け答えに宗教家としての誠実さを感じました。

サリン事件から15年。オウムとは何だったのか?

まだトラックバック、コメントがありません。

この記事のトラックバックURL:

コメントを投稿する




»
«