小沢一郎 プロフィール

小沢一郎 プロフィール

小沢一郎

政治家。
民主党代表、衆院議員。
当選13回。岩手4区選出。
1942年、東京市下谷区(現・東京都台東区)生まれ。
本籍地は岩手県奥州市(旧水沢市)。慶応大経済学部卒。 
父の小沢佐重喜・元衆院議員の急死により、69年の衆院選に自民党公認で出馬し27歳の若さで初当選。
田中角栄元首相率いる木曜クラブ(田中派)に所属する。
85年に田中派に反旗を翻した竹下登元首相、金丸信元自民党副総裁らとともに派内の勉強会、創政会を結成。
創世会は後に経世会(竹下派)として独立する。同年、第2次中曽根内閣で自治相兼国家公安委員長に就任。 
89年、第1次海部内閣で党幹事長に就任。
金丸氏の東京佐川急便事件をきっかけにした派閥の後継会長をめぐる政争の末、羽田孜元首相らと「改革フォーラム21」を旗揚げする。93年の宮沢内閣不信任案可決を機に離党し新生党を結成。
細川護煕・元衆院議員を首相に担ぎ出し非自民勢力による連立政権樹立の立役者となる。 
94年には新進党を結成し党幹事長に就任。その後、同党を解党し、自ら党首になり自由党を結成。
自自公連立を組むも、離脱し2003年に民主党と合併。06年。
前原誠司氏の党代表辞任を受け、菅直人氏との代表選を経て第6代代表に就任。

2010年4月27日、小沢の資金管理団体の政治資金規正法違反事件で、2月に検察が「不起訴」としたことに対し、東京第5検察審査会は審査員11人の全会一致で「起訴相当」を議決。検察は再度捜査を行うことになったが、再び不起訴処分となり、検察審査会が2度目の審査を実施中。6月1日、鳩山由紀夫と進退を協議する場において、辞意を表明した鳩山に共に幹事長を辞するよう促され、翌6月2日に幹事長を辞任する意向を表明した。

まだトラックバック、コメントがありません。

この記事のトラックバックURL:

コメントを投稿する




»
«