大谷昭宏 プロフィール

大谷昭宏 プロフィール

大谷 昭宏(おおたに あきひろ、1945年7月8日 – )
ジャーナリスト、漫画原作者。
読売新聞社元社員。
東京都目黒区出身。

目黒区立第十中学校、早稲田大学高等学院、早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、1968年読売新聞社入社。
大阪本社社会部配属時、上司の黒田清などとともに『黒田軍団』の一員として、数多くのスクープ記事を取材。1980年朝刊社会面コラム欄『窓』を7年間にわたって担当。

1987年に黒田が読売グループのドン・渡邉恒雄側近との対立から読売新聞社を退社した際、行動を共にし、黒田とともにジャーナリスト事務所・黒田ジャーナルを設立。2000年7月、黒田の死去に伴い黒田ジャーナルを解散、個人事務所・大谷昭宏事務所を設立し、現在に至る。1987年の退社以来、読売新聞の子会社である日本テレビ系列の番組に出られずにいたが、2006年、「NNNきょうの出来事」にコメンテーターとして出演。
弱者が標的となるような若年層による犯罪を、特定の趣味やサブカルチャーと結びつける。ただし、現実の人間関係や格差問題など、若年犯罪者が置かれてきた境遇に言及することも多い。


  1. 小山 一義 より:

    迎合したコメントをくちにするな。


この記事のトラックバックURL:

コメントを投稿する




»
«