有料コンテンツの作り方(田原総一郎、堀江貴文)

有料コンテンツの作り方(田原総一郎、堀江貴文)

カネになりにくいネットの世界でなぜホリエモンの有料メルマガだけが成功しているのでしょうか?
ネットへの進出を狙う田原総一朗が、ホリエモンの奇想天外な発想の秘密に迫りました。

しかし、それよりも途中から堀江氏がストレートに語るテレビ局の既得権益の秘密(以下)が衝撃です。

● マスコミが徹底的に小泉、竹中バッシングをするのはマスコミが既得権益を守りたいから。

● テレビ局は電波を携帯会社の10倍使っていながら、10分の1以下の使用料しか払っていないという事実を世間に知られたくない。総務省と癒着することで自分たちの利権を守っている。

● CSを使えば地上波デジタルは必要なかった。放送局の稀少価値を保つためにCSではなく地上波を普及させた。

● マスコミの波取り記者は情報収集をして国家組織のスパイ的役割を果たしている。


  1. 三浦満義 より:

    私は71歳、針きゅう師介護事業をやり、介護専門員の資格も持ちました。鍼灸と介護を結ぶつけたく事業を始めしかし見事に倒産6年になります。
    勿論所定の裁判判断は取りました。夜逃げした訳でもなく、幸い免許があり少しの金があり、しかも長年株をやっていましたので、以前より大きく広い庭があります。それも学生時代には関心無かった易教と運命学をじっくり研究しました。
    私の出た鍼灸学校は全国にもめずらしく易教が正規のカリキュラムでした。
    これを悩める人達に役立てたいと思いますが、無料でもよいのですが、回答を出すのには、時間がかかります。
    そこで少量でよいのですが、有料化にしたいのですが、その方法が見つかりません。何か良い本か方法を知らせてもらえないのでしょうかお願い申し上げます。


この記事のトラックバックURL:

コメントを投稿する




»
«