富坂聰  プロフィール

富坂聰  プロフィール

富坂聰

富坂聰(トミサカ・サトシ)

1964年、愛知県生まれ。北京大学中文系に留学したのち、週刊誌記者などを経てフリー・ライターとなる。抜群の取材力、豊富な人脈を活かした中国のインサイドレポートには定評がある。1994年、21世紀国際ノンフィクション大賞(現・小学館ノンフィクション大賞)優秀賞を『龍の伝人たち』(小学館)で受賞。現在、「文藝春秋」「週刊文春」「週刊ポスト」など様々な雑誌メディアヘの執筆、さらにテレビのコメンテーターとしても活躍中。著書に『中国という大難』(新潮社)、『苛立つ中国』(文春文庫)、『ルポ 中国「欲望大国」』(小学館101新書)、『中国報道の「裏」を読め!』(講談社)などがある。


  1. 山田 敏博 より:

    あなた、日本人ですか?チンコロでないですか?
    尖閣諸島に上陸した違法入国者を即時強制送還するのが、日本にとって良いことなんて堂々とほざき、日本がなめられてしまうことが理解出来ないのかね。中国留学で洗脳されたのか?オウムや北朝鮮と同じレベルの妄想にまみれた最低の人間やな、お前は。愛知県人の「恥」だよお前は。

    日本は一流国家、中国はコピー商品を堂々と売り著作権すら知らない二流国家、こんな二流国家だから何をやっても許されるのかね。

    文句があったら、私のメールアドレスにメールしな。相手になってやるから。

    「売国奴」富坂へ

  2. より:

    上の方もおっしゃっていますが、かなり中国寄りの考え方を持った人です。
    「中国問題に詳しい専門家」としてテレビで紹介されていますが、その実は「中共向けの発言をして、それを喜ぶ層からお金をもらって食べている人」だと思われます。

  3. 在日犯罪者嫌い より:

    経済だけで繋がる関係は必要ないです。
    中華マフィアが防衛費にどれだけかかるか理解して下さい。
    アジアの為に日本人がどれだけの命を賭して来たか頭の良いあなたならわかるでしょ。
    中華マフィアの残虐行為自体取り締まる事の出来ない公安と黙るメディアの片棒を富坂様も担いでいるのですよ。


この記事のトラックバックURL:

コメントを投稿する




»
«