西村眞悟 プロフィール

西村眞悟 プロフィール

西村眞悟

西村 眞悟(にしむら しんご、1948年7月7日生)
政治家、元弁護士。前衆議院議員(5期)。

京都大学法学部卒業。
1982年(昭和57年) 司法試験合格。37期司法修習生となる
第40回衆議院議員総選挙旧大阪5区に民社党公認・新生党推薦で出馬し初当選。

1999年 小渕内閣第2次改造内閣の防衛政務次官に就任。
2000年 第42回衆議院議員総選挙大阪17区に自由党公認で出馬し小選挙区で落選するも比例代表で復活当選(3期目)。
2003年 第43回衆議院議員総選挙大阪17区に民主党公認で出馬し当選(4期目)。
2005年 第44回衆議院議員総選挙大阪17区に民主党公認で出馬し小選挙区で落選するも比例代表で復活当選(5期目)。
11月28日 – 弁護士法違反容疑(弁護士資格がない法律事務所元職員に、弁護士印を使用させるなど自分の名義貸しをした容疑)で逮捕される。
11月29日 – 民主党が除籍処分を常任幹事会で決定。
2006年3月18日 – 衆議院本会議で西村に対する議員辞職勧告決議案が可決した。ただしこの決議案には法的拘束力がなく、辞職はしていない。
2007年(平成19年)9月25日 – 大阪地裁に於いて、弁護士法違反として懲役2年、執行猶予5年の判決。組織犯罪処罰法に関しては無罪判決。
2009年(平成21年)8月30日 – 第45回衆議院議員総選挙大阪17区に改革クラブの公認で出馬するも落選。

まだトラックバック、コメントがありません。

この記事のトラックバックURL:

コメントを投稿する




»
«