大前研一 プロフィール

大前研一 プロフィール

大前研一

大前 研一(おおまえ けんいち、1943年2月21日生)
経営コンサルタント、経済評論家、社会起業家。
世界的な経営コンサルタントとして知られ、平成維新の会後の特定非営利法人「一新塾」創立者。カリフォルニア大学ロサンゼルス校教授、株式会社大前・アンド・アソシエーツ代表取締役、株式会社ビジネス・ブレークスルー代表取締役、ビジネス・ブレークスルー大学院大学学長。アメリカ合衆国マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科博士課程修了。学位は工学博士(マサチューセッツ工科大学)。


  1. 小谷 祐介 より:

    僕は、現在高校1年であります。僕は将来、夢も希望もない日本の大学へは進学せず、海外へと進出しようと思っています。日本の未来を託される私たちにとって最も重要な時にして、文部科学省の無意味な教育を受けることが苦痛に思えて仕方がありません。そんな時僕が人生の中で最も感銘を受けた本が【大前研一×柳井正『この国を出よ』】であります。この本を読むにつれて増々僕は自分の士気が高まって行きました。しかし本を読んでいるだけでは、大前さんと話をすることは出来ません。そこがとても残念に思えます。直接お逢いできて思う存分語り合えるならどんなに喜ばしいことでしょうか・・・。僕はつくづくそう思います。この国をダメにする官僚・政治そして何よりも文部科学省が恨めしいものです。僕は以前、文部科学省宛てに教育の改善について投稿しました。しかし僕一人の力では変わらないでしょう。国が変わらないのなら自らの力で自分自身が変わる、僕はそう決心したのです。また、学校の先生は意外と世間知らずで、「国の借金がいくらあるか」と尋ねても「分からんな~」と答えるだけでした。僕は呆れて校長室に入りこの本を校長に読んで頂くことにしました。僕はいつか大前先生とお目にかかれる日を心待ちにしています。そして大前先生の弟子にして頂けたらどんなに幸せでしょう。その日が来るまで、一歩でもお近づきになれる様日々精進して頑張って参りたいと存じます。

  2. admin より:

    小谷さん

    私は大前研一さんでも関係者でもないですが、小谷さんの言っていることはまったくそのとおりだと思いますよ。

    自信をもって海外に出て大いに頑張ってください。

    そして大前研一さんの弟子になるといった発想ではなく大きく超える存在になってください。海外に出れば日本にいる何十倍ものすばらしい出会いがあると思います。


この記事のトラックバックURL:

コメントを投稿する




»
«