三井環 プロフィール

三井環 プロフィール

三井 環(みつい たまき、1944年生)
検察官。元大阪高等検察庁公安部長。

1944年愛媛県新居郡角野町(現・新居浜市)生まれ。
愛媛県立松山東高等学校を経て中央大学法学部卒業。
1970年司法試験に合格、司法修習(第24期)を経て1972年に検事任官。
大阪高検公安部長時代に検察庁の調査活動費の裏金化を内部告発。
2001年1月に『噂の真相』に西岡研介記者による記事が掲載された。
2002年4月22日に暴力団組長の親族名義で、競売された神戸市のマンションを落札したが、居住の実態がないのに登録免許税を軽減させたとして、詐欺容疑で逮捕される。逮捕当日、三井は裏金問題に関してテレビ朝日の報道番組『ザ・スクープ』の収録ならびに『週刊朝日』副編集長との対談が予定されていた。現職検察幹部が初めて裏金問題について、「検察庁が国民の血税である年間5億円を越える調査活動費の予算を、すべて私的な飲食代、ゴルフ、マージャンの「裏金」にしていることを、現職検察官として実名で告発する・・・」として証言するビデオ収録当日の朝に任意同行を求められそのまま逮捕されたことから、三井の支援者並びにマスコミからは検察による口封じであると批判され、『ザ・スクープ』をはじめテレビや新聞、週刊誌でも口封じ逮捕に関する特集が組まれる事態へと発展した。

まだトラックバック、コメントがありません。

この記事のトラックバックURL:

コメントを投稿する




»
«