青木理 プロフィール

青木理 プロフィール

青木理(あおき おさむ、1966年生)
フリーのジャーナリスト。長野県出身。

1990年、慶應義塾大学文学部卒業後、共同通信社入社。大阪社会部、成田支局を経て東京社会部で警視庁警備・公安担当などを歴任。オウム真理教事件や阪神大震災、種々の公安事件や経済事件の取材に携わる。
1997年~1998年に韓国・延世大学の韓国語学堂に留学。その後、外信部勤務を経て2002年~2006年ソウル特派員。社会部在籍中に発表した『日本の公安警察』(講談社現代新書)はベストセラーとなり大きな話題を呼んだ。
2006年6月退社し独立。現在はフリーランスのジャーナリスト、ノンフィクションライター。
2010年1月18日、フォーラム神保町と現代深層研究会主催の緊急シンポジウム「『新撰組』化する警察&検察&官僚がニッポンを滅ぼす!」に、魚住昭、大谷昭宏、岡田基志、木村三浩、郷原信郎、佐藤優、鈴木宗男、田原総一朗、平野貞夫、宮崎学らとともに参加し、司会を務めた。

まだトラックバック、コメントがありません。

この記事のトラックバックURL:

コメントを投稿する




»
«