山田宏 プロフィール

山田宏 プロフィール

山田 宏(やまだ ひろし、1958年1月8日生)
日本の政治家。
衆議院議員(1期)、東京都議会議員(2期)、杉並区長(3期)を歴任。

東京都八王子市出身。
東京都立国立高等学校、京都大学法学部を卒業後、松下政経塾に第2期生として入塾。
同期生には長浜博行、松原仁、島聡、海老根靖典、河内山哲朗、神藏孝之、近藤康夫などがいる。
熊谷弘の秘書を経て、1985年新自由クラブから東京都議選に立候補し、最年少で当選(新自由クラブの他の新人候補で松原・下村博文・柴野実は落選)。第1期生の小野晋也に続く政経塾2人目の政治家となる。1989年に再選。
都議会議員当選後、松下の意向を酌んで「政経塾新党」構想の実現を模索する中、政経塾の評議員も兼務していた細川護煕から新党参加を請われ、野田佳彦、長浜博行、樽床伸二、前原誠司、中田宏らと共に日本新党の設立に参画する。
1993年東京都議会議員選挙には不出馬で田中良を支援、第40回衆議院議員総選挙に立候補して初当選。日本新党の立法調整委員長(国会対策委員長)に就任する。日本新党の解党後は新進党結党に参加する。新進党代議士時代は、政経塾出身の中田宏・坂井学らと共に1995年党首選(国民参加型で実施され山田の持論たる首相公選制に近い形)で鳩山邦夫を担ぎ、「鳩山邦夫総理実現」を目指した。
1996年の第41回衆議院議員総選挙に立候補するが、東京都第8区で石原伸晃に敗れて落選(新進党は比例東京ブロックでは東京5区の新人野村沙知代を除き重複立候補を認めなかった)。その後再び新党結成へと動き始め、日本新党に参画した野田、長浜、中田に加え、市村浩一郎、海老根靖典、河井淳一、小田全宏、勝又恒一郎らの面々や、政経塾以外から河村たかし、中村時広らが参加して、十数名からなる「志士の会」が発足するが、その後の第18回参議院議員通常選挙での民主党の躍進が大きく影響し、活動は数ヶ月で頓挫した。
1999年、東京都杉並区長選挙に立候補し、当選。当初はあくまでも衆議院の議席奪回を狙っていたため区政には関心を示さなかったが、年配の女性支援者から「国を変えるのは地方自治体でもできる」という趣旨の手紙を受け取り、区長選の出馬を決断した。2003年に再選、2007年に3選された。国政では、かつての対立候補だった石原を支持している。
2010年4月18日には地方自治体の首長経験者らで日本創新党を結成、自らが党首に就任した。5月31日には、第22回参議院議員通常選挙の東京都選挙区へ出馬のため、杉並区長を辞職したが、第22回参議院議員通常選挙では落選するに至った。

まだトラックバック、コメントがありません。

この記事のトラックバックURL:

コメントを投稿する




»
«