二見伸明 プロフィール

二見伸明 プロフィール

二見 伸明

二見 伸明(ふたみ のぶあき、1935年2月10日)
政治家。衆議院議員(10期)、運輸大臣(第68代)、公明党副委員長を歴任。

公明党、新進党、自由党を経て2004年10月現在、民主党に所属。早稲田大学大学院修了。
政治団体霞見會代表。日本戦略研究フォーラム政策提言委員。
公明新聞政治部長・第1成局長を経て、1969年12月の衆院選に茨城3区から出馬し当選。以後衆院議員を10期務め、1970年から1993年まで中央執行委員。この間、政策審議副会長(1971年~1977年)・国会対策副委員長(1977年~1980年)・文化局長(1984年~1998年)・政策審議会長(1990年~1993年)を歴任。1993年に委員長の石田幸四郎の下で党副委員長に就任。
1994年4月 細川護煕首相が辞任し羽田内閣の発足で運輸大臣に就任。しかし2ヶ月で羽田内閣は総辞職。12月に公明新党を経て新進党結成に参加し、1997年11月の新進党党首選では小沢一郎党首を支持し再選させた。12月に新進党が解党すると、旧公明党出身ながら権藤恒夫らと共に小沢支持を鮮明にして、小沢と距離を置いていた神崎武法らのグル-プを牽制。二見らは翌1998年1月に小沢が中心となって結成した自由党に参加し、二見は総務委員長に就任した。同年11月には公明党が再結成されるも、権藤・東祥三らと共に自由党に残留した。
1999年1月に自自連立政権の発足で自由党は与党になるも、このことから出身母体の創価学会は二見と距離を置く様になる。10月には公明党も与党入りして自自公連立政権が発足、2000年1月には党常任幹事に就任するが、同年4月に自由党が連立離脱を表明し二見もそれに従うと創価学会から破門・絶縁状態になる。同年6月の衆院選では落選し、2003年11月の衆院選でも民主党公認で立候補したが落選。政界を引退した。

まだトラックバック、コメントがありません。

この記事のトラックバックURL:

コメントを投稿する




»
«