名古屋市長、国政を語る(河村たかし、岩上安身)

名古屋市長、国政を語る(河村たかし、岩上安身)


  1. 新太 より:

    河村市長の主張は、『国民の視点で見ると国債は借金ではなく資産である。政府が国債を借金というのは増税をしたいから。ボランティアでなければそもそも行政改革は不可能』

    これからの進展を期待をもって見守りたいものです。


この記事のトラックバックURL:

コメントを投稿する




»
«